45年の実績を誇る日本緑茶センターが運営する世界のお茶専門店

Tea Boutique

商品検索

ハーブの話

南米で長年飲み継がれてきた健康茶「マテ茶」の魅力

マテ茶は、「飲むサラダ」といわれるように、ポリフェノールのひとつであるフラボノイドを多く含み、緑黄色野菜不足の方におすすめです。南米アルゼンチン・ブラジル・パラグアイで長年飲み継がれてきたマテ茶の魅力をお伝えします。

「マテ茶」とはどんなお茶?

マテ茶は、主に南米大陸の南東部地区(アルゼンチン・ブラジル・パラグアイ)で生産されている飲料で、モチノキ科の灌木の葉や枝を乾燥し、粉砕、精製したものに熱湯を加えて飲用します。



パラグアイのグァラニ・インディアンが、活力を与える不思議な木として飲用を始めたことが起源とされていて、ミネラル、特に鉄分とカルシウムの含有量が高く、ビタミンはAとBを多く含んでいます。葉緑素も豊富に含むことから、通称「飲むサラダ」と言われています。

「マテ茶」の美味しい淹れ方

ティーポットとティーカップを用意します。紅茶を入れる要領で沸騰したてのお湯を使い、適度な濃さに調整します。氷を入れて冷たくしてもとても美味しくいただけます。

紅茶のようにミルクや砂糖を加えても美味しいですよ。


マテ茶はひと手間かけると、様々な味わいが楽しめる魅惑の飲み物です。飲み慣れてきたら抽出時間を長くしたり、お好みに合わせてレモンやオレンジ等を加えたりすると新しい魅力が見つけられます。


《マテ茶壺とボンビージャを使った伝統的な作法》

マテ茶の飲み方として上記のように紅茶や緑茶の様にポットでいれてのむ方法以外にひょうたん状の容器にボンビージャと呼ばれるストローを使用するユニークで伝統的なシマロン式やマテ茶葉をフライパンで砂糖と共に焦がす作り方もあります。


詳しくは、日本マテ茶協会のホームページをご覧ください。

➡「日本マテ茶協会」ホームページはこちら

「マテ茶」と健康

カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄分、食物繊維(葉緑素)を豊富に含むマテ茶は、南米特有の肉料理中心の食生活で、慢性的な野菜不足を補って余りあるバランスの良い健康効果を長年の実績で証明しています。


空気の薄い山岳地帯に住むインディオの人たちの強健な体力の秘密の一つは、このマテ茶だと言われています。

全世界注目の強固な肉体を必要とするスポーツ「サッカー」の強豪国(アルゼンチン・ブラジル・パラグアイ・ウルグアイ)が集中していることは、その紛れもない証明といえるでしょう。




マテ茶は、味わいも飲みやすく私たち日本人の味覚にもしっかりフィットした美味しいお茶です。

ぜひ健康茶として、生活に取り入れてみてくださいね。




《コラムの関連商品をチェック!》

“飲むサラダ”と呼ばれる「マテ茶」はこちら


文/Tea Boutique編集部



ページトップへ