45年の実績を誇る日本緑茶センターが運営する世界のお茶専門店

Tea Boutique

商品検索

紅茶の話

2つのコツでいつものティーバッグが“極上の1杯”に!

あなたの目の前にティーバッグタイプの紅茶があります。 それを囲むように紅茶を淹れる道具がいくつかあったとして、 「1番おいしいと思う方法で紅茶を淹れてみてください」 こんなリクエストをされたら、どんな方法で紅茶を淹れますか?

先日、「おいしい紅茶の淹れ方」を学んできました。その勉強会で最初に出されたお題、それは・・・・・

“自分が1番おいしいと思う方法で紅茶を淹れてみよう”でした。

ふだんのわたしの淹れ方は・・・

まず、箱からティーバッグを取り出してカップにいれる。

上からお湯を注ぎ、パッケージに記載されている抽出時間を計って待つ。

時間になったらティーバッグを取り出して、ティースプーンでかき混ぜ完成。



普段はこの手順で紅茶を淹れているわたし。

正直なところ、“これ以外にどんな手順があるのだろう?”そう思いました。だって、この工程で充分おいしいと感じて飲んでいるのですから。


しかしこの直後、隣にいた方の実演を見て私は衝撃を受けたのです!!

ひと手間で変わる!驚きの一杯へ

その淹れ方とは・・・


1.カップに熱湯を注ぎ、温める

2.カップが温まったことを確認し、(1)で注いだお湯を捨てる

3.商品のパッケージに記載されている抽出時間を確認し、カップにお湯を注ぐ

4.カップにティーバッグを入れ、ソーサー(受け皿)でカップに蓋をし蒸らす

5.抽出時間を計る

6.時間になったらソーサーを外し、ティーバッグを取り出す



この手順で淹れてくださった紅茶をいただいてみたところ、びっくり仰天!

香り・色・味、すべてのバランスが絶妙で、冷めてもおいしい一杯だったのです。自分が淹れた紅茶と飲み比べてみると、その差は歴然でした。

同じ紅茶でも、ほんの少し淹れ方や手順をアレンジすることでこうも味が変わるのかと。


《ひみつはたった2つのポイントでした・・・》

ポイントはたったの2つ。

「カップに熱湯を注ぎ、温める」

「カップにティーバッグを入れ、ソーサー(受け皿)でカップに蓋をし蒸らす」


カップが冷えたままだと、せっかく熱湯を注いでも紅茶が冷めやすくなるのだそう。カップを温めることで、完成した紅茶を温かい状態でいただけるんですね。


お湯を注いだ後、カップに蓋をして蒸らすことも、紅茶の成分を十分に出し切る上で欠かせないポイントだそうです。



教えてくださった先生いわく、紅茶を淹れる手順に正解はないとのこと。その人自身が持つこだわりや好みで、淹れ方は異なっても良いのだそうです。

しかし、せっかく味わう一杯。ポイントを押さえつつ、自分だけの究極の一杯を探求することにハマりそうです♪

皆さんもぜひ、自分が最高にしあわせになれる一杯を淹れて至福のティータイムをお楽しみください。



《コラムの関連商品をチェック!》

厳選された茶葉の紅茶シリーズはこちら


文/Tea Boutique編集部



ページトップへ