45年の実績を誇る日本緑茶センターが運営する世界のお茶専門店

Tea Boutique

商品検索

ちょっといいはなし

万能オイル!「アルガンオイル」で美容ケア

間もなく初夏。日射しも強くなってくると、日焼け対策が気になりますね。 毎年日焼け止めや日傘を駆使しても焼けてしまう・・・という方も多いのではないでしょうか? 正しいケアを知り、爽やかな季節を思いきり楽しみましょう!

まずは敵を知るコトから☆紫外線によるダメージとは?

暑過ぎず、風が心地よい爽やかな4~5月。思いっきり楽しみたいのに、紫外線や日焼けが怖くて楽しめないなんて悲しいですよね。焼けないように予防することも大切ですが、完全に防ぐことは出来ないのも事実。



つまり、浴びた紫外線によるダメージをしっかりケアしてあげることが一番大切なんです!

紫外線のダメージと聞いて一番に気になるのは「肌」だと思いますが、首やデコルテなど体の皮膚はもちろん、見逃しがちな「髪の毛・爪・目」、更には紫外線を浴びることによって体内では活性酸素が大量に発生し、免疫力を低下させてしまうなんてことも・・・。

アフターケアに最適!「アルガンオイル」のすごいパワー

全身にダメージが及んでしまう怖い紫外線ですが、アフターケアとして大切なのは「鎮静」「水分補給と保湿」「栄養補給」です。


肌であれば、火照った熱を冷たいタオルなどでしっかり鎮静。熱が取れてからではないと、どんなに良い水分や栄養分を与えても肌の中に浸透していきません。

また、この炎症を12時間以上経過させてしまうことでメラニンが発生してしまいますので、まずは「鎮静」です。


次に、乾燥した体にお水を与えてあげましょう。

肌であればたっぷりのお化粧水。もちろん体内にもしっかり水分補給が必要です。



そして最後は、ダメージを緩和してあげる美容液やパック。そして良質なタンパク質やビタミンCやEなどを含む食品をたくさん摂り、元気な肌と体を作れる環境づくりを。


私は、そんなアフターケアを手軽にしっかりしたいから「アルガンオイル」を使っています。オイルというと逆に焼けてしまいそうなイメージもありますが、このオイルはとっても優秀!



その理由は、古来から日焼けのケアに使われてきた歴史もあるほどで、抗酸化力・活性酸素の除去する力が強いこと。

そして刺激が少なく、少量でも伸びが良くて浸透力がとっても高いんです。ですので、口の周りや目の周りにも使え、髪の毛や爪の生え際に使ってもベタつきません。

さらに食用として取り入れることで、体内から健康で丈夫な肌づくりもしてくれる優れモノ。これ1本で中からも外からもしっかりケアが出来てしまうんです。



「今」が1ヶ月先、2ヶ月先の肌をつくり、体をつくるものだから・・・

正しいアフターケアを手軽に楽しく実践して、季節に関係なく元気な肌と体づくりをしていきましょう!




文/小川 初美(おがわ はつみ)

エステサロン『les ailes blanches』主宰

ボディメイキングスペシャリスト

「les ailes blanches」ホームページ


【プロフィール】

外資系化粧品会社エスティローダーの美容部員として11年間務める。日々お客様の肌に触れ、お手入れすることで綺麗がお客様の笑顔につながる喜びからエステに興味をもち、その後3年間勉強しながら訪問エステを続ける。

2013年にHIDAを通してカンボジアの女性たちに技術と日本のおもてなしを伝えるべく人材育成のチャンスを得て海外へ派遣。

帰国後、自身のサロン『les ailes blanches』 をオープンし、健康で美しい身体と心のケアを目指し活動中。



《コラムの関連商品をチェック!》

これ1本で美肌ケア「アルガンビューティー」はこちら

食べて体の中からキレイに!「アルガンオイル」はこちら


ページトップへ