45年の実績を誇る日本緑茶センターが運営する世界のお茶専門店

Tea Boutique

商品検索

ティーブティックのコラム

一流ホテルのラウンジの味わいがおうちでも?! How☆To

幼い頃に読んだ絵本「不思議な国のアリス」や「パディントン」の影響で、紅茶にエレガントなイメージがあるわたし・・・。いつの日か、都内のホテルで弦楽四重奏を聞きながらアフタヌーンティーを楽しみたいと思っています。 想像だけではおいしい紅茶は味わえない!“香りが良くて味もしっかりしている、おいしい紅茶が飲みたい”と思い、紅茶の淹れ方について勉強を始めました。

「今日の紅茶はおいしい!いつもと違う!!!」

お湯をいれて約1分間待つだけ。そんな気軽さが魅力のティーバッグ。ちょっとしたコツで、ホテルのラウンジで飲むような味わいに変わるのです♪



ティーバッグの紅茶をいれる手順は大きく分けて4つ。

①カップをあたためる

②お湯を注ぐ

③茶葉を蒸らす

④茶葉を引き上げる


Tea Boutique編集部で、手順がもたらす味の違いを確認してみました^^


①「カップをあたためる」

やかんで汲みたての水道水を沸騰させます。カップが冷えたままだとせっかく熱湯を注いでもお湯の温度が冷めてしまうので、事前に温めることをおすすめします。


②「お湯を注ぐ」

注ぎ方には個人差がありました。一気に注ぐ人、回すように注ぐ人、ティーバッグにお湯を当てながら注ぐ人、お湯を注いでからティーバッグを入れる人など、様々な方法があります。自分の好みに合った紅茶の淹れ方を見つけましょう。


③「茶葉を蒸らす」

ソーサー(受け皿)などを使って蓋をして蒸らします。蒸らし時間は商品によって異なりますのでそれぞれの商品に書かれている「おいしい入れ方」を参考にしてくださいね。


④「茶葉を引き上げる」

時間になったらティーバッグを軽く振って、すっと引き上げます。スプーンで絞ったり、何度も振ると渋みが出てしまいます。静かに取り出してくださいね。



もし紅茶の味が濃いと感じたら、お湯を加えて味を調整すれば大丈夫。ティーバッグで紅茶を淹れる時も、ちょっとのコツで味わいがグンとホテル級に近づきます。

今日もおいしい紅茶が楽しめたので、次回はリーフの紅茶に挑戦してみようかな^^






《コラムの関連商品をチェック!》

プロのティーブレンダーが厳選した紅茶はこちら


文/Tea Boutique編集部



ページトップへ