45年の実績を誇る日本緑茶センターが運営する世界のお茶専門店

Tea Boutique

商品検索

紅茶の話

いつもの一杯がワンランクUP♪ ティーグッズ4選

優雅なティータイムを演出する影の立役者、ティーグッズ。 基本のアイテムから、意外と知られていない通なアイテムまでご紹介します。 来客時にさりげなくテーブルに置いておけば、「なんてすてきなおもてなし!」と感動されること間違いなし。

ティータイムをおしゃれに彩る小物たち

【茶葉をおいしく&長く楽しむ入れ物】

茶葉にとって、高温多湿や直射日光は大敵。また、匂い移りしやすいデリケートなものですので、匂いが強いものや冷蔵庫の近くには保管しないように気をつけましょう。

保管専用の道具に入れ替えることで、よりおいしく&長くお茶を楽しめますよ。


●茶筒

茶筒はしっかり密閉できる、ふたが二重になっているものがおすすめ。二重構造だと湿気を呼びにくくします。



●ティーキャディー(ティーキャニスター)

テーブルコーディネートをより引き立たせます。ティーセットやテーブルのデザインに合ったものを選べば、それだけでおしゃれなティータイムに。



【おしゃべりの間も温かさをしっかりキープ】

せっかくおいしく淹れた紅茶。できるだけ温かい状態を保っておきたいですよね。

ティーポットの紅茶を冷めにくくするこんな保温アイテムは、ぜひ買いそろえておきたいグッズのひとつ。


●ティー・コージー&ポットマット

まるで帽子のようなかわいい見ためのティー・コージー。

ティー・コージーは、ティーポットに覆い被せる布製のカバーのこと。日本語では、(ティー)ポットカバーという名前でも親しまれています。



ティーポットの底に敷くポットマットとセットで使えば、冷めにくい状態を保ってくれます。ティー・コージーがないときは、ティーポットにタオルを巻いて代用してもOK。


【砂時計なら待つ時間もおしゃれで優雅に】

紅茶の蒸らし時間をきっちりはかることは、おいしい紅茶を淹れるために欠かせないポイントです。キッチンタイマーでも良いけれど、さらさらと流れ落ちる砂粒を見つめながら優雅な雰囲気を楽しむのもすてき。


●砂時計

一般的に使われているものは3分計です。大きな茶葉用には5分計を使いましょう。

※茶葉によって抽出時間が異なりますので、事前にチェックしておきましょう。



【茶殻をこしたら、おいしい紅茶はもう目の前】

ティーカップやティーポットに紅茶を注ぐとき、茶殻をこすために使う茶こし(ストレーナー)。

紅茶以外のお茶と併用すると匂い移りするため、専用のものを用意しておくのがおすすめです。


●茶こし(ストレーナー)

ネット状の茶こしは、細かい茶殻が出るものに使います。そうでないものには、陶磁器製でぽつぽつと穴が開いているものでも良いでしょう。




優雅なティータイムを愉しむために、雰囲気づくりは肝心☆

ちょっとのこだわりが、いつもの一杯をこれまでに味わったことのない至極の一杯に変えてくれるかもしれません。

ぜひ、お気に入りのティーグッズを探してみてくださいね。




文/Tea Boutique編集部



ページトップへ